太陽光発電所保守点検

ホーム > 太陽光発電所保守点検
ドローン&クラウド ソーラーモジュールIR検査サービス

ドローンアイ は、太陽光発電所に設置されているソーラーモジュール全数の赤外線検査をドローンで行うサービスです。ドローン&クラウドのコンビネーションにより、短時間で検査を行い即時に検査報告書を提供します。

ドローンアイの特徴

① 短時間で検査、その場で検査結果を確認し対応が可能

  • ・赤外線カメラ搭載ドローンを使用するので、モジュール検査は2MWメガソーラーあたり約15~20分程度で可能です。
  • ・赤外線画像を即座に解析できるので、すぐに現場対応できます。

② 自動航行による安全・安心なドローン検査を実施

  • ・事前にドローンの航行経路を設定し、検査時は自動航行で赤外線撮影を行いますので、安全な飛行を実現します。
  • ・SSLデータ送受信により、セキュアなシステムを実現します。

③ リーズナブルな検査コストで検査結果をクラウドに保存

  • ・定期的にモジュール検査を実施いただくために、リーズナブルな検査コストを実現します。
  • ・検査結果は全てデータセンターに保存しますので、いつでも履歴を確認することができます。

※ドローンアイはエナジー・ソリューションズ株式会社が提供する太陽光発電モジュール赤外線検査クラウドサービスです。ドローンアイのネーミング及びロゴと検査画像はエナジー・ソリューションズ株式会社の著作物です。

ドローンアイで検出できる異常

ひと目でモジュールの状況が把握できる検査報告書

お申し込みからご報告までの流れ

現場での検査手順

検査について

※2019年4月より実施

・清掃について

1回目の撮影点検で発見されたホットスポット部(鳥の糞やよごれに限る)があるパネルの清掃を行い、再度撮影点検を行い報告書にてお知らせ致します。

・報告について

赤外線カメラ映像以外にホットスポット部個所の撮影、清掃後の撮影も合わせてご報告致します。

検査機材について

構成 機体 DJI INSPIRE 1
動画撮影用カメラ なし
赤外線カメラ ZENMUSE XT ZXTA19FR
機体 モーター対角軸間 581mm
プロペラ径 10 インチ
標準飛行時重量 3,060g
飛行 耐風速 10m/s(飛行条件:地上風速 6m/s 以下)
速度 3m/s(IR 検査時 )
時間 最大 20 分(IR 検査 1 飛行あたり)
高度 太陽光発電モジュール上 20~30m
その他の機能 自動航行・自動帰還
ログ記録(時刻・位置・高度・距離・姿勢 )
通信 周波数帯 2.4GHz
検査 方法 設置図面に合わせた自動航行プログラムによる赤外線カメラ撮影
ドローンアイ解析ソフトによる温度画像情報解析
範囲
(1飛行あたり)
最大 2MW(モジュールレイアウトによる)
約 8,000 枚 約 15,000 枚(150m×100m)
検査・飛行条件について

▪検査条件

  • 太陽光発電モジュールが1時間以上継続して発電している状態 (天候:薄曇~晴天 日射量:300w/ ㎡以上)

▪飛行条件

  • 地上風速 6m/s 以下
  • GPS 情報が十分取得できる衛星受信状態
  • テレメトリー(データ伝送距離)見通し 400-800m
  • 操縦用無線到達距離 見通し 800-1,500m
  • 離陸地点確保(ワンボックスカー2台分の駐車スペース及びそこへの到達道路)
  • 飛行区域周辺 30mいないの公共施設、企業施設や設備、住宅居住者等からの事前了解

※飛行承認に関する注意事項 空港周辺の空域で飛行をようする場合は、別途、個人飛行申請が必要です。

加入保険について

▪加入保険に関して

株式会社 SWITCH は、ドローン補償として賠償責任保険、動産総 合保険に加入しており、本サービスにおいてドローンの落下事故 が発生した場合は、太陽光発電設備の損傷箇所の修理、及び身体 の障害に関して、保険約款に従い、1回の事故につき下記を上限 に賠償します。

対人対物 各 5 億円

お問合わせはこちら